日本の睡眠学 -先達にきく-

December 10, 2016

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「日本の睡眠学 -先達にきく-」が刊行となりました。
睡眠の謎に取り組み、科学的に捉える工夫と発明をした先駆者、睡眠障害の病態・治療で新たな発見をした研究者、学会を創設し発展に貢献してきた指導者。日本の睡眠研究を黎明期からリードしてきた“先達”たちの熱い想いを伝える貴重な一冊!(出版社より)

 

 

監修: 日本睡眠学会
    大川匡子 (滋賀医科大学睡眠学講座特任教授,前アジア睡眠学会理事長,             Worldsleep2011大会長)
編集: 粥川裕平 (名古屋工業大学大学院産業戦略専攻教授,               日本睡眠学会理事・診断分類委員会委員長,Worldsleep2011広報委員長)
    小林敏孝 (足利工業大学人間情報工学研究室教授,日本睡眠学会理事,Worldsleep2011大会組織委員)
出版:ライフ・サイエンス
2013.4 B5 198頁 定価2,940円(本体2,800円+税)
ISBN 978-4-89801-451-6

Tags:

Please reload

© 2015 by Kayukawa Clinic. Proudly created with Wix.com